UNDERTALE プレイ日記 その1

ご注意!! この記事にはUNDERTALEのネタバレが含まれています。
プレイしていない人は、プリーズゴーホーム!!
そして、出来ることならまっさらな状態でプレイしてほしい。
※記事内の日本語訳はUndertale 非公式日本語化パッチを使用したものです。

スポンサーリンク

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ut
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

SS集

ut1
「このボタンを押してね。」
って壁に書かれている。
トリエルの親切が、パズルの意義を綺麗にふっ飛ばしている。かわいい。

ut2
この仲裁に入るときのトリエルの顔に毎回笑う。

ut3
モンスターの中で今のところ一番こいつが好き。
何をしてるかって、踊ってるのさ…。

一日目。

おそらく僕は、一般的に皆が通るだろう道を進んだと思う。
めちゃくちゃ後悔した。

二日目。

彼女は何度も何度も人間が死んでいくのを見たのだろうし、
出来ることなら、主人公を引き留めたいというのは分かる。

もっと人間とカタツムリの話をしたかったのかもしれないし、
先生をやってみたかったのかもしれない。
(カタツムリの消化が成長によって変わるっていうのは、僕的には非常に興味深い話だったし。)

けれど、それは主人公にとって、承諾出来ることじゃない。
それに対する答えは明らかにNOだけど…

だからといって、こんな仕打ちはあんまりだ。
彼女の姿が薄くなって、ハートがパリンと割れてしまって、、、
のわあああ!!!!

はい!リセットしますよね!!

最初だから、まずは全クリアしたほうが良いかなとも思ったけれど
さっくりと、リセット。

「あれ、この花野郎、こんな感じだったかな?」

と思いつつ、特に何も考えずにプレイしていたのですが、
シナモンとバタースコッチで確信。

このゲーム、リセットが完全なリセットにならないタイプだ~。

一巡目では怖くてまわれなかった、
くもの、くもによる、くものためのお店にも行って
蜘蛛のパイやヤバイ蜘蛛のジュースをGETした。
(アイテム欄にヤバいジュースって書かれていて、最高に笑った。どうやって作ってるの。)

いろいろ一巡目で回れなかったところも見て回ったけれど、問題解決のカギ的なものは見つからない。

どうしようもなく、何度も地下通路に突っ込んでみたけれど、
また同じ問題にぶち当たってしまった。
トリエルを殺したくない。殺したくない。

「何故お化けを見るような目で私を見るの?」
undertale1

SSは撮ってないのでうろ覚えだけれど、そんなことをトリエルが言った。

そりゃ見るだろうよ。
主人公は、お化けを見るよりも、もっと悲痛な顔をしていると思う。

そんなことしたくなかった、
けどまたそんなことをせざるを得ないような状態になってるんだから。

思い返してみると、カエルがちゃんとヒントを言っていたんですね。
最初から、この方法を思い出せば良かったと思いつつ、
なんとか、遺跡の外に気分良く出ることに成功。

そこにまたFUCKING花野郎が登場。

僕、ゲームのキャラクターに腹をたてることって、そうそうないんですけれど
あ、そうでもないや、いりす症候群のいりすに腹をたてたことがありました。

相当、腹に据えかねました。
ドラゴンボール風に言ったら、怒りましたね。

一番言われたくないことを言われた感じ。

この花野郎め…!!

おまけ

「おっ、犬っぽいの出てきたな。なでるかな?」と思ったら…
ut4

これはずるいやろwwww

↓このボタンは押しても特に意味がないボタンです。
  • やーいやーい(33)
  • やーいwww(42)
  • 読んだよ!(45)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加