ルミエール抱っこ紐の説明書で使い方・付け方チェック!

ハロー。現在、8ヶ月の女の子を育てているはっかいにゃーです。
抱っこ紐は、ルミエールを愛用しているんですが、
このルミエール、購入するときには悩みました。
使っている人は少ないし、口コミも少ないし…エルゴよりも安いけれど、大丈夫?
愛しい我が子の愛抱っこ紐に本当になってくれるのか!?と葛藤しつつ購入してみましたが
結果的にはオールオッケー、全く不自由なく使えています。

でも、一つだけ不満が。
それは、使っている人が少ないため、ネットで説明書を検索しても出てこないこと!
ルミエールには6つの使い方があるんですが、
どれもはじめは説明書を読みながらしっかり装着したいですよね。

でもいちいち説明書を取り出してくるのは面倒!
というわけで、同じような説明書を取り出すのが面倒な人の為に、説明書から使い方をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

抱っこ紐装着の基本

まずはどの抱き方にも共通する大切な基本をチェックしてみましょう。

ウエストベルトのシートポジション

ルミエール抱っこ紐_ウエストベルトのシートポジション
ウエストベルトのシートポジションは混ぜないように気をつけましょう。

ウエストベルトの装着方法

ルミエール抱っこ紐、ウエストベルトの装着方法
ウエストベルトを装着する際には、セイフティーバンドを潜らせましょう。
昨今、後ろから抱っこ紐のバックルを外される、という悪戯をされた人もいたみたいですが、このセイフティーバンドさえ潜らせておけばまずは安心ですね。

新生児の対面抱き

新生児_対面抱き1

新生児_対面抱き2
新生児~3ヶ月まで、体重3.2kg以上、身長50.8cm以上の赤ちゃん向けの抱き方です。
コツですが、ウエストベルトは腰の位置ではなくウエスト辺りに装着してください。
脇の下あたりにあるショルダーストラップは、引っ張ると簡単に締めることが出来ます。
赤ちゃんの体と大人の体が適度に密着するような形にしてください。
まだ首が座っていないと思うので、次の頭と首のサポート位置を見て調節してください。

年齢に合わせた頭と首のサポート位置

年齢に合わせた頭と首のサポート位置1

年齢に合わせた頭と首のサポート位置2

3~9ヶ月の赤ちゃんの対面抱き

3~9ヶ月_対面抱き1

3~9ヶ月_対面抱き2
3~9ヶ月まで、61cm~71.1cmの赤ちゃん向けの抱き方です。
首が少しずつしっかりしてきて、格段に抱っこしやすくなっていると思います。
ウエストベルトは腰よりも上にしっかりと巻き、赤ちゃんのおでこにキスできる距離が一番ラクです。
推奨されている方法ではありませんが、私はバックルは止めたままで装着しています。
止める箇所が2箇所→調節になるので、装着スピードが上がります。
(やる場合は、しっかり赤ちゃんを支えてショルダーストラップを潜って下さいね)

前向き抱き(6~12ヶ月、首と腰が座っている必要があります)

前向き抱き6~12ヶ月1

前向き抱き6~12ヶ月2
6~12ヶ月まで、6.4kg~10kgの赤ちゃん向けの抱き方です。
首と腰が座っている必要があるので注意です。
最初に首サポートを外側にしておくと楽に装着出来ます。
我が家ではなんだか「捉えられたゴブリン」みたいな風貌になりました。

9~24ヶ月の赤ちゃんの対面抱き

9~24ヶ月_対面抱き1

9~24ヶ月_対面抱き2
9~24ヶ月まで、7.8kg~20kgの赤ちゃん向けの抱き方です。

腰抱き

腰抱き1

腰抱き2
6~24ヶ月まで、7.8kg~12.2kgの赤ちゃん向けの腰抱きの方法です。

おんぶ

おんぶ1

おんぶ2
6~48ヶ月まで、7.8kg~20kgの赤ちゃん向けのおんぶの方法です。
まずは、鏡などで確認しながらベッドの上などの柔らかい場所で試してください。
見た目よりは、楽におんぶが出来ました。

いままで、腰抱き以外の抱き方を試したことがありましたが、どれも問題なく出来ました^^
抱っこ紐はなれてきた頃に事故が起こりやすいので、気をつけましょう。
この説明書が、誰かのお役に立ちますように!

↓このボタンは押しても特に意味がないボタンです。
  • やーいwww(0)
  • やーいやーい(0)
  • 読んだよ!(2)