シャドーハウス第33話【首席】の感想・ネタバレ

やぁやぁ。今週もわくわくしながらシャドーハウスを読みました、はっかいにゃーです。

以下には、シャドーハウス33話の重大なネタバレがありますので閲覧の際にはお気をつけください。

シャドーハウスの連載は最新話3話分までこちらから読むことが出来ます。

スポンサーリンク

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

要約

時間は戻り、エミリコがパトリックに会っていた頃、ルウとリッキーはシャーリー様の前に居た。
ルウのブレない様子や、自分の知らない情報を知っていることにリッキーは焦りを覚える。
その後、ルイーズ様を機転を利かせてルウは見つけるが、
挨拶をするリッキーに、あからさまに嫌悪感を顕にしたシャーリー様。
邪な考えが過ぎるリッキー!どうするリッキー!!!

シャーリー様って、喋るのかな。

あのね、これは完全な妄想なんですけれども
シャドーが作られる時に、一定数不完全なものが生まれてしまう。
形は人間そのもので、食べたり眠ったり生活は普通に出来るが
魂は入っていない
お披露目はそんなシャドーを選り分ける為に行われているのだ~

な~んて話をシャーリー様を見て想像してしまいました。
確かに不気味。
ただただ、ラムと同じようにシャイなだけだといいなぁ。
ラムに名付けたのもシャーリー様なんですよね?
シャーリー様という名前をラムは知っている訳で、全くしゃべらないなんてことはないよなぁ…。

触るとかぶれる花は顔につかないように気をつければいいけれど
手がかぶれてしまうのは辛そうね。
シャーリー様の糸は、ランタンの火で焼き切れたらいいね。
がんばれラム!ショーンの言う通り、貴女は能力も根性もあるよ!!
けれどやはり最後のコマのラムの暗い背景は、シャーリー様への不安なのかな。

THE小物、リッキー!!

シャーリー様を不気味だと零したら、ルウに「お陰様批判?」と言われてしまったリッキー。
それを慌てて言葉で取り繕ったリッキー…小物感あるぞ!!
しかも、誰にでも言葉でチクチク攻撃してくるのね。
ルウにも「仲良しごっこは終わりか?」なんて言ったら
ルウに心がブレない様子を見せつけられて勝手に焦っているし。

小物だ!!!

生き人形にも心があることを知らないルイーズ様

リッキーは確かに小物なんだけれど
ルイーズ様に挨拶をしただけで、気持ち悪い!と一蹴されてしまったのは可哀想だったな。
彼のプライドを一番効果的に傷つける言葉を的確に投げつけてくれたルイーズ様。
そしてルイーズ様の顔として一部の人にはとってもご褒美になりそうな人を侮蔑し見下す表情をしたルウをみて心に多大なるダメージを受けたリッキー。

どうするリッキー、穴にズドンしちゃうのか!?
わ~~、続きが気になる!

また来週で御座います!

↓このボタンは押しても特に意味がないボタンです。
  • 読んだよ!(0)
  • やーいwww(0)
  • やーいやーい(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加